本格陶芸シミュレーターアプリ『Pottery』攻略・感想

先日App Storeのゲーム欄をボーッと眺めてたら『心が落ち着くアプリ集』とかいうナメくさった特集がありまして。頭に浮かんだ疑問符を解決すべく覗いてみたらスマホで簡単に陶芸!これであなたも名工!」の文字が目に飛び込んできた。名工になれると聞いたらやるしかないので即インストール。アプリ説明の「このゲームは家族の誰をも虜にしてしまう。子供から大人、そしてお年寄りまで!!ワオ…」という文言も興味を唆る。

f:id:Miyabi717:20190520120202p:image

アプリを起動すると鳥のさえずりが聞こえてきた。木漏れ日の差す画面に表示されるメニューは【作る】【ショップ】【受信箱】の3つ。

【作る】・・・焼き物を作ることができる。このゲームの根幹。

【ショップ】・・・焼き物を売って儲けたお金で絵の具や模様を買うことができる。

【受信箱】・・・運営からのメールが届く。らしい。1通しかない。

「作る」の文字を押すと突然ろくろが回り始めてビックリした。

f:id:Miyabi717:20190520120445p:image

軽いチュートリアルをこなすと自由に作れるモードになったので、早速ろくろを回していく。

f:id:Miyabi717:20190523182752p:image

出来た。そこはかとなく卑猥な感じがする。とりあえず窯入れして売りに出してみる。

f:id:Miyabi717:20190523183120p:image

5円で売れた。安くない??

でも赤色の絵の具が買えたので、名工目指してまたろくろを回していく。

 

f:id:Miyabi717:20190523183258p:image

できた。これはもうありとあらゆる意味で完璧だろう。きっと良い値段で売れるに違いない。

f:id:Miyabi717:20190523183457p:image

39円になった。割と良い値段なのではなかろうか。でもこんなん使ったらチ○コ擦り切れると思う。買った奴バカか?

 

以下、作品紹介。

 

作品No1:くびれ

f:id:Miyabi717:20190523224000p:image

価格:34円

黄色と緑のラインが特徴的なこの作品。しかし注目すべきは、成熟した女性を彷彿とさせる、しなやかなフォルムである。女性ならボンキュッボンだが、なんとこちらはボンキュッボンキュッボンである。キュッボンおまけで34円。これは"買い"である。

 

作品No2:スマッシュ

f:id:Miyabi717:20190523224009p:image

価格:162円

金が欲しくて模様と絵の具を塗りたくってみた。ジッと見つめていると不思議な気分になってくる。鬱病の人が作りそう。『スマッシュ』のグリップ部分に似てることから命名した。

 

作品No3:エスニックチンコオニオン

f:id:Miyabi717:20190523224033p:image

価格:168円

新興宗教御神体みたいな見た目の一品。見る者の不安を掻き立てるフォルムと、「なんでその模様入れたの…?」と言わずにはいられない装飾が特徴。心が落ち着くアプリのはずではなかったのか。もう何が高値で売れるのかわかんなくなった。

 

作品No4:笛

f:id:Miyabi717:20190523224049p:image

価格:179円

笛。製法同じだし、今までの作品より間違ってない気がする。値段は驚異の179円。このゲームは色使ってれば高値で売れるらしい。

 

感想

5分で飽きた